中煎りにお薦めの豆 [New Arraivals]

酸味・苦味のバランスが取れた煎り方になります。
数十年前の日本の珈琲豆は、この煎り加減がほとんどだったようですが、
やはり一般的には“飲みやすい”とされるようです。
ギフトなどに煎り方を迷った時は、このくらいの煎り加減が良いようです。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

2

  • エル・レティーロ農園 (メキシコ産)

    エル・レティーロ農園 (メキシコ産)

    760円

    ■生産国:メキシコ ■収穫時期:12月〜1月 ■品種:ブルボン ■精製方法:フーリーウォッシュド この農園はメキシコでも最大のコーヒー生産地であるチアパス州に位置します。 と…

  • ラ・マラヴィージャ農園 (グァテマラ産)

    ラ・マラヴィージャ農園 (グァテマラ産)

    760円

    ■生産国:グァテマラ ■収穫時期:12月〜 ■品種:ブルボン ■精製方法:フーリーウォッシュド ラ・マラビージャ農園は、ウエウエテナンゴ県ラ・リベルタードという町に 接している標高の…