ハイチ・マールブランシュ

■生産国  ハイチ   
■収穫時期 12月〜3月
■品 種  ティピカ 
■精製方法 フーリーウォッシュド


ジャマイカのお隣、ハイチのコーヒーは

1715年にイエズス会の宣教師によってマルティニーク島から

ドミニカを経由して持ち込まれました。

一時期は世界第三位のコーヒー生産量を誇りましたが、

森林伐採や山林開拓、他国への 移住、政変や軍事クーデター、

さらには相次ぐハリケーンの被害により、コーヒー生産は壊滅的な

状態に陥りました。近年、欧米のNGO団体の支援のもと、

コーヒー産業はようやく復活の兆しが見え始めたようです。


ハイチは山間部の気温は比較的穏やかなためコーヒー栽培に適していますが、

島がハリケーン・ベルトの真ん中に位置しているため、

6月から10月にかけてハリケーンが襲来し被害を受けやすい土地です。


いろいろと安定しない状況の中、今回届いたマールブランシュは

ジャマイカ・ブルーマウンテンに引けを取らない仕上がりになっています。




-------在 庫 情 報---------
              
  通   販 :〇  

 《店頭受取》 
  旗の台店  :〇
  九品仏店  :〇
  戸越銀座店 :〇
  鵜の木店  :〇
------------------------------------
ハイチ・マールブランシュ

販売価格: 890円~5,280円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

重量:
焙煎:
挽き方:
数量: