ミャンマー・モーテート農園

■生産国  ミャンマー
■収穫時期 12月〜4月(船積み2023年7月)
■品 種  SL34 
■精製方法 ナチュラル
■標 高  1128メートル


モーテート農園は、シャン州北部ナウンチョー郡区にあります。

ナウンチョー郡区は、1930年頃スコットランド人の宣教師らによって、

アラビカコーヒーの栽培が始まりました。ミャンマーで一番

古い産地になります。農園主のジョー・ラインは、ラング―ン工科大学を

卒業後、12年間海洋エンジニアとして世界中を飛び回っていました。

2002年からコーヒー農園と乾燥食品工場を経営していて、

マンダレーコーヒーグループの理事でもあります。

モーテート農園では、17名の常駐スタッフがいて、収穫時期には

約200名のピッカーを雇い入れています。

2007年に本格生産をし始めたモーテート農園では主にSL34と

コスタリカT8667の栽培をしています。

新しい区画ではSL28の栽培も始めています。収穫したチェリーは

マンダレーコーヒーグループのミルに持ち込み、仕上げられて

出荷されています。



-------在 庫 情 報---------
              
  通   販 :〇  

 《店頭受取》 
  旗の台店  :〇
  九品仏店  :〇
  戸越銀座店 :〇
  鵜の木店  :×
------------------------------------
ミャンマー・モーテート農園

販売価格: 890円~5,280円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

この商品は軽減税率の対象です。