インドネシア・マンデリン・トバブルカ

■生産国  インドネシア  
■収穫時期 10月〜12月
■品 種  ブルボン    
■精製方法 スマトラ

良質なマンデリンの原料となるコーヒーの木が育つトバ湖の北西部、

シディカラン村周辺の特定の小規模農家から集荷されたマンデリンです。

トバ・ブルカとは、現地語で”トバの恵み”という意味があります。


マンデリン独特のコクとボディ、浅めの焙煎ではほんのりと果実感を感じ、

焙煎度で様々な顔を見せるのが特徴です。

このコーヒーの栽培と加工、流通に携わったすべての人々の手仕事の丹念さと

トバの地の恵みに敬意をこめて、トバブルカと名づけられました。


トバブルカのコーヒーを供給する農家は約0.5ヘクタールから最大でも2ヘクタール

(70㎡から140㎡)の比較的小規模と呼ばれる農家がほとんどで、

比較的若い世代(20-30代)がコーヒー農園を維持管理しており、

積極的に品質や手入れを行い、高品質の豆が育つように努力しています。




-------在 庫 情 報---------
              
  通   販 :○  

 《店頭受取》 
  旗の台店  :〇
  九品仏店  :〇
  戸越銀座店 :〇
  鵜の木店  :〇
------------------------------------
インドネシア・マンデリン・トバブルカ

販売価格: 870円~5,160円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

重量:
焙煎:
挽き方:
数量: