ベイビーチーター・カヴィサ(コンゴ民主共和国産)

■生産国:コンゴ
■収穫時期:4月〜6月
■品種:ルマンガボ、ブルボン
■精製方法:フーリーウォッシュド


北キブ州および南キブ州がアラビカ種、バンドゥンドゥ州、バ・コンゴ州、赤道州がロブスタ種を栽培。
アラビカ種とロブスタ種の比率は40%:60%
今後はアラビカ種の生産量が増えていくと思われる。

アラビカ種の収穫期は北部が11月から1 月、南部が5月から9月。
今回の豆は、北キブ県キルンバ地区にあるカヴィサ・ウォッシングステーションのロット。

アフリカ大陸中央部のコンゴ川流域に広がる、世界で11番目の面積を擁する広大な国家である。

旧国名はザイール。正式国名はコンゴ民主共和国、コンゴ共和国とは別で、
1997年に現在の国名に改められた。

コーヒーはベルギー植民地時代に導入され、多くのプランテーションが開発された。

昔から子供たちは学校でコンゴには4つのゴールドがあると教えられている。
イエローゴールド(金属)、ブラウンゴールド(オイル)、ホワイトゴールド(綿花)、
グリーンゴールド(コーヒー)である。

いま、コーヒーの力が人々の暮らしを大きく変えようとして いる。
ベイビーチーター・カヴィサ(コンゴ民主共和国産)

販売価格: 760円~4,500円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

重量:
焙煎:
挽き方:
数量: