グァテマラ・ゴールデン・パレンシア (グァテマラ産)

パレンシア地区及びその周辺(マタケスクイントラ地区)で
生産される良質なコーヒーに「ゴールデン パレンシア」と命名しています。

標高1900m級のSHB、リオ・コロラド農園の豆になります。

農園内には水源もあります。グァテマラの私有森林では最大の森林であり、森林保全に取り組んでいます。
浅煎りから中煎りではリンゴのような果実を思わせる風味と透明感のある酸味があり、
深煎りぎみにするとチョコレートやココアのような風味が口の中に広がります。



『仕入れ担当者より』
太平洋とカリブ海に挟まれているグァテマラ
亜熱帯気候で降雨量が多く、土壌が火山灰のため非常に水はけのよい畑になっています。
国内の大部分は山岳地帯になっている為、傾斜地を利用した栽培がおこなわれています。
グァテマラは中米屈指のコーヒー大国とも言われています。
酸味、苦味、コク、甘味、全てがバランスよく味わえる豆ですね。
グァテマラ・ゴールデン・パレンシア (グァテマラ産)

販売価格: 760円~3,610円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

重量:
焙煎:
挽き方:
数量: