年々、需要が高まってきている



店頭で接客していると、妊婦さん・授乳中のママさんだけに限らず

男女問わずいろいろな層の方々が興味・関心を抱いていることを日々感じます。



お客様から、





また、



というお声をよくいただきます。

この場を借りて、


カフェインについて詳しく迫ってみようと思います。


+
+
+
+
+
+
+
+






カフェインによる効果は多様にあります。

覚醒、利尿、強心作用や炎症抑制、交感神経刺激、脂肪分解、胃液分泌促進などなど・・・

カンタンに言うと、

眠気覚まし、デトックス、運動時の心肺機能up・筋肉の疲労回復、

シミの原因メラニン過剰発生の抑制、基礎代謝up、脂肪燃焼(運動時)や消化の手助け


などなど、、



1日3~4杯と適量であれば、

健康維持、運動や仕事・勉強では集中力upも期待できます。


逆に摂りすぎてしまうと、


イライラしたり、寝付きが悪くなったり、不安感、吐き気などの悪影響も・・・


ですが!


香りにつられ、ついつい飲みすぎてしまうのが

魅惑の飲み物、コーヒーです。


美味しく、楽しく、カフェインと上手に付き合っていきたいですよね。


+
+
+
+
+
+
+
+





カフェイン除去方法はいくつか種類があります。

コンパスコーヒーでは、



でカフェイン除去したものを取り扱っております。


+
+
+





焙煎前の生のコーヒー豆をお水に浸けて成分を溶かし出し、コーヒーエキスを作ります。

そのコーヒーエキスを特殊なフィルターに通し、10時間ほどかけてカフェインを除去していきます。

カフェインのないコーヒーエキスが出来たら、新しく、焙煎前の生のコーヒー豆を浸け、

浸透圧を利用し、カフェインを水溶液の方へ移動させる方法がウォータープロセスです。




  カフェインレス・ダテーラ農園(ブラジル産)

  カフェインレス・バガーシュ農園(エチオピア産)

  カフェインレス・コロンビア(コロンビア産)





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++







二酸化炭素は低温、低圧にすると液体として存在でき、

アルカリ系の物質を吸収する性質を持っています。

カフェインはアルカロイド(アルカリ)なので、

液体二酸化炭素に浸けるとカフェインが除去できます。




  カフェインレス・マンデリン(インドネシア産)




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





巷では、

コーヒー本体の味の抜けをおさえるため、カフェイン除去率を97%などにおさえたデカフェ商品もありますが、

やはりカフェインレスコーヒーの本来の役割は



という理念のもと、

コンパスコーヒーでは カフェイン99.9%除去 の商品にこだわっております。